お腹の脂肪を減らしたい!そんなあなたに!

お腹をスッキリさせて健康でいたい!

でも運動しても体重が減らない・頑張って食事制限してもなかなか効果が表れないというお悩みをかけている方は多くいらっしゃいます。それは年齢を重ねると共に「脂肪を分解する力」や「燃焼する力」が衰えていくからなんです。
そこで脂肪を減らすのを助けるために研究開発されたのが「機能性表示食品シボヘール」です。機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」がお腹の脂肪、体重、ウエスト周囲径すべてを減らすのを助けてくれます。シボヘールは機能性表示食品だからこそしっかりとした科学的根拠があります。摂取前と比べて摂取12週間後にはお腹の脂肪が平均ー20㎠減少という結果をみました。なんと内臓脂肪8㎠だけでもピンポン球約7個分減少ということですので、-20㎠というのがいかにすごい結果であるかを物語っています。
どうしてシボヘールがここまでの成果をあげてくれるのか、それには秘密があるんです。
そもそも「葛」とは、日本や中国、アジアなどに広く生育しているマメ科の植物で、花は「秋の七草」の一つに数えられています。また「葛の根」は、乾燥させることにより古くから和漢としても使われてきました。ですから「葛の花」にも高い効果があるというのは納得がいきます。長年研究した結果、葛の花由来のイソフラボンには脂肪と戦う秘められたパワーがあることを発見しました。その三つをご紹介したいと思います。

その一つは、脂肪の合成を抑制するという働きです。燃焼しきれずに余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪へと合成され身体の各部で体脂肪として蓄積されるという特徴があります。「葛の花由来イソフラボン」をそれを抑制してくれるというわけです。二つ目に、脂肪の分解を促進するという働きがあります。身体に蓄積された体脂肪は、そのままエネルギーとして燃焼させることができないので、一度脂肪酸へ分解されます。その過程で「葛の花由来イソフラボン」が分解する働きをサポートし、体脂肪を燃焼しやすくしてくれるといういわけです。さらに三つ目に、脂肪の燃焼を促進させるという働きがあります。分解され、脂肪酸となった体脂肪は、褐色脂肪細胞によって燃焼されますが、「葛の花由来イソフラボン」は、その細胞の働きをサポートし、しっかりと脂肪酸を燃焼してくれます。このように「葛の花由来イソフラボン」は三つの力で気になる脂肪に働きかけ、すべてを減らす助けをなってくれるのです。

参考⇒葛の花の成分について
でも本当に安心なのか不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。ご安心ください!
一般社団法人日本ダイエット協会会長戸田晴実さんによると「機能性表示食品とは、様々な研究論文によって、科学的根拠が証明され、なおかつその機能性や安全性が消費者庁に提出されている食品のことです。モノがあふれている時代に『何を選べばいいかわからない』と悩む消費者にとって、安心感や分かりやすさにつながる制度だといえますね。『葛の花由来イソフラボン』は脂肪の合成の抑制、脂肪の分解、燃焼を促進する効果が検証されているので、脂肪のウエストサイズ、体重がなかなか落ちないという方に適しています。ですので、そのようなお悩みがある方には、一度試してみる価値は十分にあると思います」とのことです。
実際にシボヘールを愛用されている方からも「歳のせいかお腹の脂肪が減らなくて困っていたんですがこれはすごい!」「ウエストが細くなった!友人からも大絶賛されました。」との評価を頂いています。個人の感想で、実感には個人差があるものの全国からのお喜びの声が届いています。
シボヘールは一日わずか約93円。4粒飲むだけですので、気軽で経済的です。ぜひ皆様にこの成果を実感していただきたいです。始めるなら今がチャンスです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です