お腹の周りにあった浮き輪のような脂肪を撃退?最新シェイプアップ方法

私は元々、拒食症かと周りに間違われる程に痩せていました。食べても食べても全然太らないんです。食欲も旺盛で、周りの友達にもよく羨ましがられていましたが、私自身は痩せすぎている事にコンプレックスを感じていました。あまりに痩せているのでスカートやショーパンも恥ずかしくて履けない程でした。
ところが30歳を過ぎた頃から体質が変わり、今までと同じ量を食べるとすぐに身になるようになったんです。ですが食欲旺盛な私ですしダイエットなんて気にした事もなかったので普通に食べてました。何より太れる事が嬉かったんです。
気になったのは便通の事でした。便秘気味になり、気付いた時にはお腹の周りに浮き輪というかドーナツのような肉の塊が出来たんです。急に体重が増えた事で服は全て入らないうえに膝も痛くなり胸が苦しくなる事も度々ありました。これは不味いと思い通院しました。レントゲンも撮って頂きました。
医師の方から「はっきり言わせて頂きますが、1年で30キロも太るなんて病的ですよ。心臓も圧迫されていますし、内蔵脂肪も危険値に達してます」と言われました。お腹周りのプリントされた用紙を見ると確かに内蔵脂肪の比率が高く、用紙にも危険と書いてありました。その時の私はあまりのショックで、紙にもちゃんと危険て書かさるんだなぁなんて考えて現実逃避をしていました。家に帰ってから夫に「私はそんなに変わった?」と聞くと「別人みたい」との返事が返ってきました。
夫の中ではずっと健康が心配だったけど私に言うとすぐに怒るから言えなかったとの事でした。
通院してみて自分が情けなかったのとこのままだと健康に良くないと思いダイエットをする事にしました。私1人では続けられる気がしなかったので、ウォーキングをする時は一緒に歩いてくれるように夫に頼みました。
今までダイエット食は分かりませんでしたが外食はやめて、野菜や大豆、海藻類を多くとりました。少し痩せてくると膝の痛みも和らいできたのでジョギングに切り替え、夫は自転車で後ろをついてくるようになりました。すると、今までカロリーの高い物を食べ過ぎて運動も全く行っていなかったせいか、筋肉がついてからは面白いように体重が落ち始めました。
1年半程で30キロ位落ちました。太るのも急だったので皮が伸びきる前にダイエットを行った為に、割合早く痩せる事が出来たとの事でした。病院の栄養士さんに相談出来て良かったです。
1番嬉かったのは激太りした時は知り合いに町で会っても気付かれなくなっていたのが、今ではすぐに声をかけてもらえるようになった事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です